ご紹介している作家の作品は特に力を入れて買い取っております。
そのほかの作品につきましても買取対象となるものが多数ございますので、お気軽にご連絡ください。

ジャンル別の買取強化作家一覧を
ご覧いただけます

上村松園

上村松園(うえむらしょうえん)は、美人画の巨匠と呼ばれた女性画家です。明治の後期から昭和の初期にかけて活躍した人物になり、女性ではじめて“文化勲章”を受賞しました。松園の描く女性はとても生き生きとしていて、高貴で上品な女 …

大橋翠石

大橋翠石(おおはしすいせき)は、岐阜県の大垣市出身の日本画家です。明治~昭和にかけて活躍し、世の中に「虎の翠石」とも呼ばれていた人物になります。まるで目の前で生きているかのような躍動感溢れる作品を次々に発表していきました …

尾形光琳

尾形光琳(おがたこうりん)といえば、まず「紅白梅図屏風」を思い浮かべる人が多いほど、時代に左右されることのないデザイン性の高い作品を描き続けました。あらゆるモチーフを題材に描く才能は随一ともいわれるほどの天才で日本美術に …

葛飾北斎

世界的にも有名な浮世絵師といえば、「葛飾北斎(かつしかほくさい)」なくして語れません。生涯のなかで約3万点にもなる作品を生み出しているものの、本人についてはほとんど資料が残されていない謎の多い人物としても有名です。絵を描 …

喜多川歌麿

浮世絵師の代表ともいえる「喜多川歌麿(きたがわうたまろ)」といえば、女絵や風俗画を精力的に描いた人物としても知られています。過去に制作した作品数は2000点を超え、誰もが一度は目にしたことのある作品がたくさん残されていま …

堂本印象

明治から昭和にかけて活躍した日本画家といえば「堂本印象(どうもといんしょう)」は外せません。京都に美術館も構えるなど、時代を超えて多くの人に愛されてきた人物でもあります。色彩の美しさに目を奪われてしまうような素晴らしい作 …

棟方志功

棟方志功(むなかたしこう)といえば黒縁メガネが印象的な絵師のでもあります。青森県に記念館もあることから、一度は名前を聴いたことのある絵師なのではないでしょうか。世界の棟方とも呼ばれたように、その才能を高く評価されていたこ …

横山大観

日本画家を代表する人物としても高く評価されているのが「横山大観(よこやまたいかん)」です。第一回文化勲章を受賞したこと、東京都の上野に横山大観記念館もあるなど、時代を超えて愛され続けています。横山大観とはどのような人物だ …

伊藤若冲

江戸時代中期の画家。京都の青物問屋(野菜の問屋)の跡継ぎとして生まれた伊藤若冲は、家業を継ぎつつも絵を描くことに熱中し、40歳になったときに家督を譲って画家としての道を歩み始めました。伊藤若冲は、専業画家になる前から、家 …

狩野探幽

江戸狩野派の始祖として知られる絵師といえば「狩野探幽(かのうたんゆう)」ではないでしょうか。京都で生を受け、狩野孝信の長男として誕生しました。狩野探幽は、徳川家御用達の絵師として活躍するなど、たくさんの代表作を世に送り続 …

川合玉堂

川合玉堂(かわいぎょくどう)といえば、日本の山や河などの自然の美しさを愛し数々の作品を残してきた画家です。絵の一つ一つから温かさが感じられ、風景を後世にしっかりと伝えてくれます。おおらかさも感じられるのは玉堂の人柄あって …

木村武山

日本画家の「木村武山」といえば、明治時代から昭和初期に活躍した人物です。幼い頃から絵を描く才能に恵まれていたともいわれていますが、実業家であった父親の影響も強く受けています。木村武山は、「日本を代表するカラリスト」とも称 …

雪舟

僧侶でもあり水墨画を描いた人物としても知られている「雪舟(せっしゅう)」について、誰もが一度は名前を効いたことがあるのではないでしょうか。幼い頃からその才能を発揮するもどうして僧侶の道を進むようになったのか?意外と知らな …

高浜虚子

明治・大正・昭和の3代に渡って活躍した、小説家であり俳人として有名な「高浜虚子(たかはまきょし)」をご存知でしょうか。雑誌の「ホトトギス」の発行に尽力したことでも知られ、世界で活躍する多くの俳人を育てた人物でもあります。 …

種田山頭火

到来の俳句の形に縛られることなく自由律俳句の代表者としても知られる「種田山頭火(たねださんとうか)」は、多くの人に愛されました。実際に国内に句碑が500基以上残されており、58年の短い人生のなかでたくさんの功績を残した人 …

俵屋宗達

生涯が謎に包まれた人物でもあり、絵師として確かな実績を残し続けた「俵屋宗達」を知っていますか?町人だったこともあり生没年不詳であること、絵師として大出世した人物でもあります。俵屋宗達の作品を見ると「あ、これ知ってる!」と …

富岡鉄斎

日本最後の文人画家として知られる「富岡鉄斎(とみおかてっさい)」といえば、誰でも一度は耳にしたことのある有名人なのではないでしょうか。主に明治時代・大正に活躍した人物になります。生涯文人としての人生を貫き、世界中からも高 …

長沢蘆雪

長沢蘆雪(ながさわろせつ)という絵師を知っていますか?なんでも絵師としての実力は認められていたものの、ちょっと皮肉屋で愛想のない性格だったこともあり賛否両論な人物としても知られています。長沢蘆雪は円山応挙の高弟でもあった …

渡辺華山

渡辺華山(わたなべかざん)といえば、画家としてはもちろん藩士や学者としても活躍するなど、その生い立ちを知るととても奥深い人物なのがわかると思います。生涯の最後は切腹をして亡くなるなど49歳の人生とは思えないほどの歴史が残 …

青木木米

青木木米は江戸の後期に活躍した、京都出身の陶芸「京焼」や絵師として有名な人物です。なかでも青木木米は煎茶器に優れていたこともあり、京焼の幕末三名人と称されました。青木木米は、もともとは裕福な家で生まれ育ちましたが、陶説( …

荒川豊蔵

荒川豊蔵は人間国宝としても名高い人物でもあり、昭和を代表する美濃焼で有名になった人物です。荒川豊蔵の出身は岐阜県の多治見市になり、兵庫、名古屋へと拠点を移し生活しました。星岡窯にいたときに、美濃焼の美しさに惹かれ、いつか …

飯塚小玕斎

飯塚小玕斎は東京の本郷区で生まれ、東京の美術学校を卒業します。その後、飯塚小玕斎は戦争のため入隊し出征、疎開先の栃木県にある高等女学校にて約10年間講師を務めます。竹工芸家として従事した経験から、人間国宝として認められる …

飯塚琅玕斎

飯塚琅玕斎は栃木県出身の竹工芸家として知られた人物です。飯塚琅玕斎は父親より技術を学び成功な技法や、独創的な世界観、斬新なデザインなどもあり有名になりました。竹細工といえば、日常生活で使うものでしたが、それを芸術として引 …

板谷波山

板谷波山は、茨城県出身、明治~昭和にかけて活躍した陶芸家として知られています。茨城県の名誉県民でもあり、文化勲章受章者です。板谷波山は、東京美術学校で基礎を学び、石川県の工業学校の主任教諭として採用され、これをきっかけに …

井上萬二

井上萬二は、佐賀県の有田町で生まれ、有田焼を世に広めた重要な役割を担った人物です。日本工芸会参与としても認定され、人間国宝としても知られています。井上萬二は、生家が窯元だったものの、一時は海軍の飛行予防練習生となります。 …

今泉今右衛門

今泉今右衛門は、佐賀県の陶芸家でもあり、江戸時代からの伝統を今に守り続けている人物です。鍋島焼は、一子相伝の技法としても知られており、今は14代目が引き継いでいます。色鍋島と呼ばれる品格のある美しい色彩や、赤の調合が特徴 …

奥田頴川

奥田頴川は、江戸時代中期に誕生した陶芸家としても知られ、清の侵略のときに亡命した人物の末裔ではないかと考えられています。奥田頴川は、質屋を継ぐも、文化活動に熱心な人物でもあり陶芸に熱を上げていたのだとか。京焼では初めての …

音丸耕堂

音丸耕堂は、香川県高松市生まれの漆芸家でもあり、革命を起こした人物としても知られています。昭和17年に彫漆技術を用い出店した文展で特選を受賞します。当時は、色漆を何度も重ねて、今どきの流行りを取り入れた独特の作風からも注 …

加藤唐九郎

加藤唐九郎は、愛知県の春日井市出身の陶芸家であり、明治から昭和にかけて活躍しました。両親が窯業を営んでいたこともあり、幼少期より自然と馴染み、のちに父親の製陶工場の一部を譲り受けるまでになります。加藤唐九郎は、一時期、助 …

河井寛次郎

河井寛次郎は、島根県出身の陶芸家でもあり、随筆や書物、詩などの幅広い分野で活躍した人物です。もともとは大工の家出身になりますが、師匠と呼べる人物はおらず学校で教育を受けた珍しい陶芸家としても知られています。河井寛次郎は、 …

川上不白

川上不白は、和歌山県の家臣の家で生まれ、16歳のときに表千家七世如心斎天然宗左の内弟子となります。川上不白は、江戸千家の流祖としても知られる人物になり、32歳のときに江戸に茶の文化を広げたいと下り、駿河台に門戸を開きます …

川喜田半泥子

川喜田半泥子は、大阪府で生まれ、伊勢の豪商の裕福な家庭で育ちます。ただ、1歳のときに祖父や父を亡くしたため1歳で当主となります。母も18歳で未亡人になったことで実家に帰り、祖母のもとで育てられることになります。川喜田半泥 …

北大路魯山人

北大路魯山人は、京都府出身の陶芸家でもあり、もともと士族の家柄でした。ただ、位が低かったこともあり、生活は裕福なものとはいえませんでした。北大路魯山人は、義理母からの虐待もあり、近所の人が養子話を持ちかけ、福田房次郎とし …

黒田正玄

黒田正玄は、千家十職に数えられる役割の一つになり、先祖代々が襲名して受け継がれてきました。黒田正玄は、茶道具をメインに製作しており、千家に伝わる由緒正しき家系でもあります。現在は十三代まで続いています。初代黒田正玄は天正 …

駒澤利斎

駒澤利斎は、千家十職の一人でもあり、棚や香合などを制作する「指物師」として、代々受け継がれてきた名称になります。初代駒澤利斎の情報については殆ど残されていませんが、二代目より注文を受け、指物を製作していたと考えられていま …

近藤悠三

近藤悠三は、陶芸家として人間国宝に指定されている人物になり、京都の清水寺下出身です。実際に祖父は、清水寺の地侍として務めていたと言われています。近藤悠三は、陶磁器の試験場にて助手として勤務したあと、窯業科学などを学びます …

酒井田柿右衛門

酒井田柿右衛門は、佐賀県生まれの陶芸家でもあり、西部伝統工芸展に何度も初入選を果たし、有田焼の陶芸協会の会員や、日本工芸会正会員として活躍しました。酒井田柿右衛門は、数々の展覧会を開き、現在は15代目に当たります。初代の …

柴田是真

柴田是真は、越後出身の宮彫師の子供として婿養子になります。11歳のときより職人気質について学び、蒔絵についての知識や技術を身につけていきます。柴田是真が16歳のときは、図案に頼らない仕事をするために、四条派の絵の技術も身 …

清水卯一

清水卯一は、京都府出身の陶芸家であり、もともと陶磁器の卸問屋の長男として誕生しました。父が若くして亡くなったため、家を継ぐことを目的に商業学校に入学。中退し石黒宗磨のもとで弟子として陶芸を学ぶようになります。ただ、戦争も …

清水六兵衛

清水六兵衛は、陶磁器で代々受け継がれてきた名前です。初代清水六兵衛は、大阪府の高槻市の農家で生まれ京都にて陶業を学びました。特に茶器をメインに制作していたようで、黒楽茶碗なども制作しています。現在は8代目になり、京都出身 …

松花堂昭乗

松花堂昭乗は、和泉の国境で生まれ、江戸時代の真言宗の僧侶として活躍した人物になります。松花堂昭乗は、文化人としても有名な人になり、陶芸はもちろん、茶道や絵画、書道などに長けていたそうです。なかでも能書家としても高く評価さ …

鈴木藏

鈴木藏は、岐阜県出身の陶芸家でもあり、重要無形文化財保持者としても高く評価されています。もともと出身地が美濃焼の産地になり、父親も陶磁器試験場の技師として活躍していました。鈴木藏は工業高校を卒業後、陶芸部試験室の助手とし …

鈴木盛久

鈴木盛久は、寛永2年に御用鋳物師となり、仏具、梵鐘の製造に携わります。南部鉄器の伝統継承者として受け継がれ、それぞれ名前とは別に鈴木盛久の名前が受け継がれています。鈴木盛久は、昭和21年おり、日展に何度も入選して、岩手工 …

千家十職

千家十職とは、茶道に関わる仕事をしている人で、三千家に出入りしている人の仕事を取りまとめた尊称のようなものです。例えば、塗師もそうですし茶器を作る陶芸家、指物師なども存在します。茶会は、茶室で行われ独自の作法を持っていま …

千宗旦

千宗旦は、千利休の後妻連れ子だった小庵の子供として生まれました。10歳のときに家督争いを避ける目的で、利休の推薦から大徳寺に喝食として預けられるようになります。千宗旦はその後、千家再興が実現したことで、弟子とともに利休流 …

千利休

千利休は、戦国時代から安土桃山時代に活躍した、最も有名な茶人です。千利休は、茶湯の天下三宗匠とも呼ばれるようになり、多くの弟子を抱えていたそうです。そもそも千利休の名前は、禁中茶会において、町民では参加できないことから、 …

大樋長左衛門

大樋長左衛門は、石川県金沢市出身の陶芸家になり、大樋焼の当主として君臨しています。大樋焼の個展を開くときはその名を使いますが、自由に個展を開いて楽しみたいときは、大樋年朗の名前を名乗っていたそうです。大樋長左衛門は、文化 …

高野松山

高野松山は、熊本県出身の陶芸家でもあり、蒔絵の重要無形文化財に認定されています。もともと祖父は細川藩の儒者であり、父親は校長を務めるなど由緒正しい家庭として育ちました。高野松山は、13歳のときに漆工科の学校に入学すると、 …

高橋敬典

高橋敬典は、山形県出身の茶湯、陶芸家としても知られている人物です。1938年に家業を継ぐものの、1950年には弟子入りし、「和銑平丸釜地文水藻」にて初入選を果たすまでに成長します。高橋敬典はその後、昭和天皇の山形県訪問時 …

高橋道八

高橋道八は、京焼(清水焼)の窯元として代々受け継がれている名前です。特定の人だけを指すものではないので、代替わりによって多少の違いもあります。初代の高橋道八が誕生したのは、1740年の頃になり、煎茶が最も栄えた時期だった …

沢庵宗彭

沢庵宗彭は、名前からもわかるように臨済宗の僧侶であり、安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍しました。沢庵宗彭は、兵庫県豊岡市で生まれ、父親は、但馬の重臣だったものの羽柴秀吉に攻められ滅亡し、浪人となります。希先西堂に師事 …

田原陶兵衛

田原陶兵衛は、山口県の長門市で生まれた陶芸家です。長兄11代田原陶兵衛の跡継ぎがいなかったことで、家業を継いだとも言われています。田原陶兵衛は、歴代受け継がれてきた名前でもあり、茶器を中心に製造していること、高麗朝鮮陶器 …

富本憲吉

富本憲吉は、大阪府の大地主の家に生まれ、子供の頃より絵を学べる環境で育ちます。東京美術学校に入学した際に、ウィリアム・モリスの思想に影響されロンドンに留学して卒業します。富本憲吉は留学中に、建築家の新家孝正と出会い、写真 …

濱田庄司

濱田庄司は昭和に活躍した、比較的新しい時代の陶芸家でもあります。神奈川県の溝の口で生まれ、高等工業学校の窯業科に入学し、基礎全般を学びます。卒業したあとは、河合寛次郎と一緒に京都の陶芸試験場にて研究を行います。濱田庄司は …

藤本能道

藤本能道は日本の陶芸家でもあり、重要無形文化財保持者として知られています。もともと東京の新宿区に生まれ、東京美術学校工芸科図案部を卒業したあと、文部省の技術講習所に入ります。藤本能道は、1938年には富本憲吉の助手を務め …

藤原啓

藤原啓は、兄弟で陶芸家として活躍し他人物になり、岡山県の備前市出身です。名誉県民としてもその名を知られています。藤原啓は、子供のときから俳句や小説などの文才を発揮し1等を獲得。これをきっかけに上京し、編集部に勤務し担当を …

細川護熙

細川護熙は、日本の政治家として活動した人物になり、新聞社や参議院議員、県知事、内閣総理大臣など目覚ましい活動をしました。還暦のときに政界を引退し、その後は陶芸家や茶人などの活動を行っていたそうです。細川護熙の祖母の住まい …

松井康成

松井康成は、長野県佐久市出身の陶芸家です。戦時中には茨城県に疎開し、卒業後に、奥田製作所にて陶芸の技術を学び習得します。松井康成は、大学を卒業したあとに月崇寺の住職になり、窯を作り研究を続けたといいます。とても探究心の強 …

宮川香山

宮川香山は京都に生まれ、もともと陶芸家である真葛宮川長造の四男でした。宮川香山は、19歳のときに家督を継ぐと、当時「香山」としての称号を受けていたことから、その名前で活動するようになります。色絵の陶磁器や磁器などはもちろ …

三輪休和

三輪休和は、山口県萩市に生まれ、人間国宝にも指定されている人物です。荻藩御用達の窯三輪家の次男として生まれます。三輪休和は、中学校に入学するも、職人に学問はいらぬという考えのもと、2年で退学してしまいます。その後か行に専 …

楽吉左衞門

楽吉左衞門は千家十職の一つとして、楽焼を使った茶器を制作しています。初代の長次郎は、創設者の父のもとで生まれ黒軸をかけた茶碗制作で高い才能を発揮します。楽吉左衞門の「樂」は豊臣秀吉から与えられたものになり、楽焼の始まりに …

中村宗哲

中村宗哲は400年以上の歴史を持つ、千家十職のなかで塗り師として知られています。中村宗哲はもともとは蒔絵を使った家具などを展開していたものの、次第に茶道具を専業とした事業展開へと変わっていきます。初代中村宗哲は、1617 …

飛来一閑

飛来一閑は、一閑張細工師の分野として千家十職で認められている職種になります。この分野での創始者でもあり、代々が細工師として受け継がれてきた家系です。飛来一閑は、もともと非来家亡命明人の末裔であると考えられ、清の侵略の広が …

松田権六

松田権六は、石川県金沢市で生まれた陶芸家でもあり蒔絵師としても認められた人物です。7歳のときに蒔絵に出会い修行を始め、東京美術学校漆工科にて技術を学びます。その後、松田権六は、母校に教授として就任し、教鞭をとったことでも …

古田織部

古田織部は、武将でもあり芸術家として知られた人物になり、主に戦国時代から江戸時代にかけて活躍しました。茶道織部流の祖としても知られるようになり、織田の家臣として仕えた記録も残っています。古田織部は、武士としての実績は少な …

松平不昧

松平不昧は、出雲の松江藩の七代目を務めた人物になり、江戸時代の代表的な茶人として知られています。今でも一目置かれる存在として名高く伝えられています。当時、松江藩は財政が破産しており厳しい状態でした。そこに藩政改革に乗り出 …