天下五剣日本刀鬼丸

鬼丸という日本刀があります。そのまま「おにまる)」と読みます。名前の響きが可愛らしいのですが、天下五剣のひとつに数えられる日本刀になります。「鬼丸国綱(おにまるくにつな)」とも呼ばれています。鎌倉時代初期、山城国の京粟田口派の刀工である粟田口六兄弟の末弟である国綱によって作られた日本刀です。刃長78.2センチほど、反り3.2センチほどです。太刀の刀身の反りが大きくなっており、それがひとつの特徴になっています。鬼丸という名前の由来は、太平記に記載されています。夜な夜な夢の中に出てくる小鬼に苦しめられていた北条時頼は、ある夜、太刀国綱を名乗る老人の夢を見ます。夢のお告げの通り、国綱を手入れし部屋に置いておくと、火鉢の台に施された鬼の細工の首を切り落としました。それ以来、小鬼の夢に苦しめられなくなり、刀を「鬼丸」と名付けたのです。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2018年8月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP