平安時代の刀工である国永作 日本刀鶴丸とは

鶴丸という日本刀があります。そのまま「つるまる」と読み、平安時代の刀工である国永によって作られた日本刀となっています。享保名物帳に記載される名物のひとつということもあって、日本刀の中でもかなり有名なものになります。皇位とともに伝わるべき由緒ある物、いわゆる御由緒物になりますので、皇室の私有財産として宮内庁侍従職が管理しています。図録などでは「太刀 銘国永(名物鶴丸)(たち めい くになが(めいぶつつるまる))と記載されることが多いようです。一方で、御物として管理される際の名称は「山城国国永御太刀(名物鶴丸)」です。作者の名前とあわせて、「鶴丸国永」と呼ばれることもあります。刃長は78.63センチで細身、小峰で、反りの高い優美な立ち姿が特徴です。国永の作った刀は鶴丸を含めわずか4口しか残っていないのですが、その中でもっとも優れた刀と評価されています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2018年1月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP