御由緒物日本刀壺切御剣

壺切御剣という刀があります。「つぼきりのみつるぎ」「つぼきりのぎょけん」と読むのですが、この刀は日本の皇太子(東宮)に相伝される太刀になります。皇位とともに伝わるべき由緒ある物、いわゆる御由緒物になります。御由緒物の中でも三種の神器や宮中三殿と同じように別格の扱いを受けていることでも知られています。「壺切の御剣」「壺切太刀」とも呼ばれることがあります。現在では、皇太子徳仁親王に継承されています。壺切御剣は皇太子に相伝される護り刀で、代々の立太子の際に天皇から授けられてきたものになります。いつから始まったのかというと、寛平5年にあたる893年の敦仁親王の立太子に際し、親王が宇多天皇から剣を賜ったことまで遡ると言われています。もともとは藤原氏の剣であったと見られています。壺切御剣は3代目まであるのですが、2代目が壺切御剣とされています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2018年1月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP