妙純傳持(日本刀)のご紹介

妙純傳持ソハヤノツルキウツスナリという刀があります。何が何やらという感じの名前なのですが「みょうじゅんでんじそはやのつるきうつすなり」と読みます。これは鎌倉時代の筑後国の刀工である三池典太光世によって作られたとされている日本刀です。「ソハヤノツルキ」とも呼ばれます。徳川家康の愛刀だといわれています。「革柄蝋色鞘刀〈無銘(伝三池光世作)/裏ニ「妙純傳持ソハヤノツルキ」/表ニ「ウツスナリ」ト刻ス〉」として徳川家康の命日である1911年4月17日に国の重要文化財に指定されている印象的な刀でもあります。刃長は67.9センチ、元幅は3.9センチ、先幅は2.8センチ、反りは2.5センチとなっています。天正12年前後に織田信雄から徳川家康に贈られたと記されており、徳川家康はこの刀をもっとも好み、戦に幾度か使用しただけではなく、常に身に付け、夜は枕刀にするほどだったとも言われています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP