日本刀 騒速のご紹介

騒速という刀があります。「そはや」と読むのですが、これは坂上田村麻呂が奥州征伐に遠征する際、兵庫県加東市の清水寺に祈願し、無事帰京したことで奉納したと伝えられる大刀のことを指します。重要文化財に指定されています。太刀が誕生する以前の大刀で、奈良時代末期から平安時代初期にかけて作られた刀だとされています。播州清水寺所蔵、東京国立博物館で保管されています。重文指定名称は「大刀 三口 附拵金具十箇」で、騒速を含めた三口の大刀と十箇の拵金具を合わせて登録されています。切刃造の大刀が騒速ではないかといわれているのですが、実は明らかになっていません。そのため、騒速とされる切刃造を「1号大刀」、それ以外の鋒両刃造をそれぞれ「2号大刀」「3号大刀」としています。反りのある日本刀が誕生する兆しとして、その資料価値は極めて高い刀でもあります。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP