日本刀 宗三左文字のご紹介

宗三左文字という日本刀があります。「そうざさもんじ」と読むのですが、南北朝時代に作られた日本刀です。刀の持ち主の変遷から「三好左文字」「義元左文字」と呼ばれることもあり、「義元左文字」の名前で重要文化財に指定されています。戦国時代、畿内を支配していた三好氏の三好政長から甲斐守護武田信虎に贈られた刀なのですが、その刀匠の名前は明らかになっていません。その後は武田信虎から今川義元に渡り、そこから織田信長、豊臣秀吉、豊臣秀頼、徳川家康と所有者を転々とします。徳川家康は大坂の陣で、宗三左文字を帯刀していたとされています。その後、徳川将軍家の重宝として代々受け継がれていくこととなったのですが、明暦の大火にて被害に遭います。再刃された後、京都市北区の船岡山に創建された建勲神社に「義元左文字」として寄進されました。現在も建勲神社所有として重要文化財に指定されています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP