日本刀 獅子王のご紹介

獅子王という日本刀があります。「ししおう」と読むのですが、獅子王は平安時代の日本刀になります。太刀になります。平安時代末期の大和刀工による作品だと考えられており、その外装と併せて重要文化財に指定されています。獅子王というのは刀身に付けられた「号」であって、刀身自体は無銘となっています。源平盛衰記によると獅子王は「獅子王丸」とも呼ばれていたそうです。外装と併せて「太刀 無銘(号 獅子王)附 黒漆太刀拵(たち むめい(ごう ししおう)つけたり くろうるしたちこしらえ)」と総称されています。刃長は77.3センチほど、反りは2.7センチほどとなっています。刀身の厚みが薄く、刀身の幅が狭いのが特徴的で、同年代の他の刀と比べても全体的に小ぶりなものとなっています。現在では、その外装と共に東京国立博物館に収蔵されています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP