日本刀 介古今伝授の太刀のご紹介

古今伝授の太刀という日本刀があります。日本刀というよりは刀を使った技の名前のような印象ですが、「こきんでんじゅのたち」と読む立派な日本刀です。古今伝授の太刀は豊後国の刀工である行平によって作られた日本刀になります。国宝にも指定されています。安土桃山時代に細川幽斎より烏丸光広への古今伝授の際に、幽斎より光広に贈られたということで、古今伝授の太刀と呼ばれるようになりました。慶長5年にあたる1600年の関ヶ原の戦いは有名ですが、その前に田辺城の戦いが起こりました。この戦いで古今伝授の継承者である幽斎が死ぬことによって古今伝授が断絶することを恐れた後陽成天皇は講和を命じました。幽斎はこのときの勅使のひとりである烏丸光広に古今伝授をおこない、その際にこの太刀を贈ったと伝えられています。昭和初期には幽斎の子孫である細川護立が買い取り、現在では細川家に伝来する文化財を保存する永青文庫に収蔵されている。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP