日本刀 五虎退のご紹介

五虎退という日本刀があります。字面からしてかっこいい日本刀で、「ごこたい」と読みます。鎌倉時代の刀工である粟田口吉光によって作られた日本刀です。正式名称は「短刀 銘吉光(号 五虎退)」となっています。名前からもわかるように短刀で、長さは25.2センチです。五虎退を作った吉光は短刀の名手としてもよく知られています。五虎退は永禄2年にあたる1559年に上洛した上杉謙信が正親町天皇より拝領したと言われています。足利義満の派遣した遣明使の使節団のひとりが中国で虎の群に襲われたが、所持していたこの短刀で追い払ったという逸話が五虎退の名前の由来になっています。この五虎退は愛刀家であった上杉景勝が選んだ「上杉景勝御手選三十五腰」のひとつでもあります。上杉家では謙信・景勝の伝来品の多くを上杉神社に奉納しているのですが、五虎退は現在米沢市上杉博物館に寄託されています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP