日本刀 江雪左文字のご紹介

江雪左文字という日本刀があります。いかにも日本刀らしい名前なのですが、「こうせつさもんじ」と読みます。この江雪左文字という日本刀は、南北朝時代初期に筑前の刀工である左文字によって作られたものになります。刃長78.1センチの太刀です。初代左文字の名前が刻まれているもので現存しているものはほとんどが短刀で、太刀としては現存唯一の作品となっています。言うまでもなく貴重な存在です。江雪左文字は後北条家支流田中泰行の子の後北条氏家臣板部岡江雪斎から徳川家康に献上され、さらにその後、徳川頼宣を経て紀州徳川家に伝わったとされています。1951年には国宝に指定されています。また、江雪左文字は「美術品の美術館における公開の促進に関する法律」に基づく登録美術品制度によって登録されています。所有者から広島県のふくやま美術館に寄託されています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP