日本刀 黒漆剣のご紹介

黒漆剣という日本刀があります。「くろうるしのつるぎ」「くろうるしのけん」と読むのですが、坂上田村麻呂が京都府にある鞍馬寺に奉納したと伝えられる大刀になります。「黒漆剣〈/(寺伝坂上田村麻呂佩剣)〉」として1911年4月17日に重要文化財に指定されている貴重な日本刀です。ただ、鞍馬寺の縁起を記した鞍馬蓋寺漢文縁起には黒漆剣に関する記述というのはなく、鞍馬寺では「鞍馬寺に坂上田村麻呂が戦勝祈願に訪れ、無事に凱旋した時に奉納した大刀」と口承で伝わるのみとなっています。刃長は76.6センチ、元幅は2.6センチ、先幅は1.8センチで無銘の大刀となっています。黒漆大刀拵も残されていて、奈良時代から平安時代初期の刀剣を知るものとして大変貴重な例とされています。黒漆剣は他の刀剣と混同されることも多く、誤解による俗説といったものが多く存在します。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP