日本刀 狐ヶ崎のご紹介

狐ヶ崎という日本刀があります。「きつねがさき」と読むのですが、平安時代末期から鎌倉時代初期における備中国の刀工である為次によって作られた日本刀になります。「狐ヶ崎為次(きつねがさきためつぐ)」と呼ばれることもあります。国宝に指定されている日本刀になりますので、ご存知の方も多いでしょう。ちなみに、国宝指定名称は「太刀 銘為次(狐ヶ崎)附黒漆太刀拵(たち めい ためつぐ(きつねがさき)つけたり くろうるしたちごしらえ)」となっています。刃長は78.5センチ、元幅は3.2センチ、先幅は2.1センチ、重ねは0.9センチ、反りは3.4cmセンチの太刀で、刀身、外装ともに製作当時の姿を現代まで保っている貴重な遺品です。正治2年にあたる1200年、駿河国清見関にて発生した御家人による梶原景時の変の際に、吉香友兼がこの太刀を振るって梶原景茂を討ち取り、梶原一族を討伐した場所である駿河国狐ケ崎が名前の由来となっています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP