名槍 御手杵のご紹介

御手杵という槍があります。「おてぎね」と読むのですが、「天下三槍」と呼ばれた名槍のひとつとなっています。御手杵は室町時代に駿河国嶋田の刀工である五条義助が鍛えた大身槍です。「お手杵の槍」とも呼ばれています。全長は3.8メートルほど、刃長は139センチ、茎まであわせて全長215センチと桁外れの大きさです。大太刀や長巻以上の大きさですので、その迫力はすさまじいものです。大ぶりの刀だと造りも大味なのではないかと思われますが、極めて高い技量がうかがえる仕上がりになっています。下総国結城の大名である結城晴朝が作らせ、その養嗣子である結城秀康に伝わり、さらにその秀康の五男で結城氏の名跡を継いだ直基の子孫である松平大和守家が受け継いだと言われています。松平家では御手杵を家宝として大切に扱い、少しでも錆がつけばすぐに磨いて手入れをおこなっていたそうです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP