日本刀 大典太のご紹介

大典太という日本刀があります。「おおてんた」「おおでんた」と読むのですが、日本の国宝に指定されている日本刀になります。正式には「太刀 銘 光世作 名物大典太」と呼ばれるもので、「大典太光世」という人の名前のような呼ばれ方をすることもあります。天下五剣の名刀のうちのひとつでもあるのですが、平安時代後期の筑後三池出身の刀工である典太光世によって生み出された日本刀になります。刃長は66.1センチ、先身幅は2.5センチ、元身幅は3.5センチ、反りは2.7センチとなっています。もともと大典太は足利将軍家の家宝だったのですが、足利家の没落によって豊臣秀吉のもとへと流れました。その後は、前田利家のもとに渡り、以降は前田家第一の家宝として代々伝えられることとなりました。現在は、前田家に伝わった文化財を保存・管理する「前田育徳会」が所蔵しています。※画像はイメージです


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP