日本刀 膝丸のご紹介

膝丸という日本刀があります。そのまま「ひざまる」と読むのですが、膝丸は髭切とともに源氏重代の太刀として伝えられています。源義経や曽我兄弟の仇討ちと縁が深い日本刀としてもよく知られています。膝丸とされる刀は実は各地に存在していて、有名なものであれば大覚寺所蔵の重要文化財薄緑や箱根神社所蔵の薄緑丸などが挙げられます。平家物語の劒の巻では平安時代に筑前国三笠郡の出山というところに住む唐国の鉄細工が源満仲の命令で八幡大菩薩の加護を得て髭切と揃いで作った二尺七寸の太刀ということになっているのですが、これは文献によって諸説あります。罪人を試し切りしてみたところ、膝まで切れてしまったというのが名前の由来になっているそうです。膝丸は誕生後、名前を次々と変えています。「蜘蛛切」「吠丸」「薄緑」など実にさまざまです。※画像はイメージです


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP