日本刀 石田正宗のご紹介

石田正宗という日本刀があります。「いしだまさむね」と読むのですが、鎌倉時代末期、ちょうど14世紀の作品になります。刃長は68.8センチです。正宗が作った日本刀のひとつで、石田は石田三成が所持したことに由来しています。棟や鎬、茎棟の部分に切り込み痕が残っていることから、「石田切込正宗」と呼ばれることもあります。ちなみに、石田正宗は1953年11月14日に重要文化財となっています。享保名物帳によると宇喜多秀家が毛利若狭守から400貫で日本刀を購入し、石田三成に贈ったとされています。その石田三成は、秀吉の死後、襲撃を受けるのですが、徳川家康に仲裁されます。その後、家康の命で結城秀康が三成の居城まで護衛を担当するのですが、三成はその返礼として日本刀を秀康に贈ったと言われています。喜んだ秀康がその日本刀に「石田正宗」と名付け愛用したとされています。現在は東京国立博物館に所蔵されています。※画像はイメージです。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したエコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライス出張買取対応エリア

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県・栃木県・静岡県・山梨県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP